1. TOP
  2. 建築の流れ

建築家との打ち合わせ3Step

design casaでは、お客様と建築家と直接の打ち合わせ回数を3回に設定しています。この3回の打ち合わせでお客様の家づくりの要望をカタチにしていきます。
※その他、家づくりで必要な資金計画、調査などについてはお客様と工務店の打ち合わせになります。
※設計契約を申込されたお客様が対象になります。

敷地調査

敷地調査について
  • 役所調査
    その敷地にある市役所や町役場などの行政機関にて、敷地に関連する法律・条例などを調査します。
  • 現地調査
    実際に敷地を調査します。測量したり、隣地との関係、前面道路との高低差など目視で確認できるものを調査します。
  • 法務局調査
    敷地の管轄内の法務局、またはインターネットにて土地の権利関係などを調査します。

資金計画打ち合わせ

資金計画について

家づくりにかかる費用には、家本体のほかに付帯工事費や諸費用などが含まれます。事前に総費用を把握し、自己資金の割当やローンの返済方法などを検討しておくことが必要です。目先のことばかりに目が行ってしまうと、日々の生活や家族の将来に不安が残ります。ゆとりのある資金計画を立てるようにしましょう。

家づくりにかかる費用の一例
  • 本体工事費
  • 付帯工事費
    …地盤改良費用、外構工事費用、解体作業費用など
  • 諸費用・手数料
    …建築確認申請費用、登記に関わる費用、ローンの手続きに関わる費用、引っ越しに関わる費用など
  • 税金
    …印紙税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税など
ローンの種類
  • 全期間固定金利型
    …代表的なものに『フラット35』があります。将来的に市場の金利が上がった場合でも、住宅ローン完済まで金利は変わりません。
  • 変動金利型
    …市場にあわせて、金利が半年ごとに見直されるタイプ。金利が上がった場合でも、5年間は返済額が変わりません。
  • 固定金利選択型
    …一定の期間を決め、その間については金利据え置きで返済額も変わりません。固定期間が終了したところで、固定型を継続するか変動型にするかどうかを選択できます。
返済方法について
  • 元利均等返済
    …元金と金利の合計額を毎月一定額ずつ返済していきます。
  • 元金均等返済
    …元金分を毎月一定額ずつ返済する方法。金利は毎月の返済額にあわせて変動します。

建築家と第1回打ち合わせ

工務店と事前に打ち合わせした内容(要望・予算等)をもとに、建築家と直接の打ち合わせを行います。
お客様と建築家の間で直接住まいに対する要望の確認、建築家からの住まい方の提案などヒアリングを行い、プランの作成に入ります。

建築家と第2回打ち合わせ

1回目の打ち合わせ内容を反映したプランを提案します。
このプランが今後のお客様の家づくりのベースとなるプランになります。
このプランをもとにお客様と打ち合わせを行い、プランの調整や予算に合わせた設備や仕様も決めていきます。
2回目の打ち合わせ後、本見積りを作成していきます。

建築家と第3回打ち合わせ

家づくりを始めるために必要な設備や仕様、また色の決定などの打ち合わせを行います。お客様の予算、希望等を反映した最終プランの確認を行います。

お見積りご提案

ご契約

確認申請の提出

着工

地鎮祭

建物を建てる前に、工事の無事や安全を祈願するのが地鎮祭です。最近では地鎮祭を行わないケースも少なくありませんが、実際に家づくりに携わる職人さんたちと顔合わせができる貴重な場でもあるため、これから家づくりを考えている方は検討してみるのもよいかもしれません。
地鎮祭をすることが決まったら、建築会社と相談して日程の調整を行います。同時に、地元の神社などに地鎮祭の依頼をし、準備しておくものや段取り等を相談します。お供え物などは建築主が用意するのが一般的ですが、場合によっては神社や建築会社が代行してくれることもあるので事前に確認をしておきましょう。

棟上げ

お引き渡し

工事が終了すると完了検査が行われます。役所または指定機関による検査を受け、予定どおりに家が建てられているかどうかをチェックします。万が一不備がある場合には速やかに是正工事を行います。
完了検査が終われば、いよいよ建築主による竣工検査です。竣工検査では、内装や外装にキズや不具合がないかどうか、設備が正しく取り付けられているかどうかなど、時間をかけて細部までしっかりと確認することが大切です。もちろん、気になる部分は必要に応じて是正工事を依頼しましょう。
引き渡しの際は、新しい家の鍵とともに保証書、引き渡し証、建築検査済証等をお渡しいたします。また、お引き渡し後に不具合が見つかった場合は、その都度遠慮なくお申し出ください。