1. TOP
  2. 施工例
  3. 学び・遊びが繋がる心地よい住まい

学び・遊びが繋がる心地よい住まい

2000~2500万円

リビングを中心に家事も生活も動線バツグン◎。子供たちが思いっきり遊んで学べる家

玄関→水廻り→リビング→玄関と家中を回遊できる造りで、生活も家事もラクになるよう動線に配慮した間取り。

お子さまの学びや成長を促せるような工夫が随所にされているのもポイントです。

建築家コメント

道路が北側にあり、敷地との⾼低差があることで⾞の駐⾞計画やアクセスが限定され、また、⻄、南側隣地に建つ住居との距離が近い為、プライバシーの確保と明るさの確保がゾーニング計画上重要になっています。

唯⼀東側は⼩⾼い⼭があり、プライバシーが確保されているので、建物の配置計画として、明るさが確保できるようにリビングを出来る限り北側によせ、東側に向けて開くように南東を⼤きくあけるように配置しました。北側に開くことも検討しましたが、居⼼地のよい、明るいリビング空間がご要望でしたので直接の採光を取り込めるように、南東側を開き、ダイニングとリビングで囲うようにLDKの配置を計画しました。

キッチンとダイニングテーブルを横に並べることで、⼦供の勉強を近くで⾒れるように、またキッチンを回遊できるようにアイランドとしています。ダイニングの近くには⼦供たちの収納を近くに配置することで、⽚付けもスムーズに出来るように計画しました。家事動線が楽になるように、帰ってきてから、コートや荷物を置けるクローゼットを設け、⼿を洗い、リビングに⼊れる動線を作りました。キッチンからも近い位置に脱⾐兼ランドリーを設けることで、家事の負担が楽になるように。

東側の景観を取り込めるように、1階と合わせて、2階には書斎、広いフリースペースを南東側に配置することで家族にとっての遊び場空間を設けました。階段の吹抜けを介して、東側の景観を取り込むことができ、居⼼地のよいスペースとなるように計画。⼀階のダイニングスペースで勉強ができながらも、⼆階の広めのフリースペースでも遊びやピアノが出来ることで、1・2階共に遊び、学べる住まいを⽬指しました。

フォトギャラリー

1F / 玄関・SIC・WIC

広めに設けた玄関はリビングに繋がる動線とウォークインクローゼットを通って、水廻りに直接行ける動線の2つを確保。コートやバックなど毎日使うものをしまっておけて便利。来客時にも見えない位置に配置しています。

1F / リビング

L字型に配置したLDKは、プライバシーを確保しつつ中庭を通して南側より光を取り込めるので明るく開放的に。

1F / ダイニング&キッチン

家事動線がラクになるように、ダイニングとキッチンは一直線に配置。ダイニング横には黒板を設けて勉強したり落書きしたりと子供たちが自由に過ごせる空間に。

1F / 水廻り

水廻りは一つの空間にまとめつつも、それぞれを独立させることで、来客時には生活空間を見せず、でも普段は使いやすいように工夫。脱衣室からはウォークインクローゼットにもすぐに行くことができます。

2F / ホール&バルコニー

ウォークインクローゼット付きの機能的な主寝室に、一人の時間も楽しめる書斎を併設。

2F / 書斎・WIC・主寝室

ホールの横にはご主人が仕事で集中できるように籠れる書斎を。家族の時間も一人の時間も大切にすることができます。

2F / 子供部屋

いずれは2部屋に仕切る子供部屋も、お子様が大きく成長するまでは一つの空間でフレキシブルに使用。