1. TOP
  2. 施工例
  3. 時の移ろいと彩りを楽しむ住まい

時の移ろいと彩りを楽しむ住まい

2500~3000万円

昨今、二世帯住宅を考える方は増えており、もともとある実家の土地を生かしての同居や、離れて暮らす一人暮らしの親との同居を検討するなどそのケースはさまざまです。

生活リズムの異なる2つの世帯がひとつ屋根の下でいかに快適に暮らせるか、その動線は非常に重要です。建築家が随所に込めたご家族への配慮が間取りに生かされ、心地よい距離感を実現したお家となっています。

建築家コメント

ライフスタイルが確立されたご家族が住まう家という事で、家族ひとりひとりの居場所と、そこで時間を過ごして心地のよいスペースとなるような仕掛けを施した事、ワンちゃんも家族の一員であり、奥様が家事をするのにも後ろをついてくるというエピソードをお聞きしていましたので、それもまた微笑ましくなる様な空間づくりをご提案しました。

既にお持ちの物がある場合に、どの様な思い入れがあるかもお聞きするようにしています。今回は、奥様のピアノへの想いを読み取りつつ、お子様の感性を育んでいきたい、という意思を感じましたので、かなり生活に近い位置にあるという事と、ピアノをお子様に教えている様子を想像しながら、生活のワンシーンとして溶け込みつつ、少しだけ特別感を演出するためにこの場所をステージに見立てて、1段分ステップを設けたシチュエーションにする事で、とても印象的な設えになっていると思います。

このステージを通りながらライブラリーがあって、ちょっと腰掛けて本を眺められるスペース、階段を上がって、外を眺めながら佇む事のできる外部空間、ご主人の趣味部屋へとつながっていく導線によって、生活空間自体をとても心地よく、かつ流れる音楽の様に過ごしていただけるよう構成しました。お住まいになられてご家族それぞれの物語や想い出が、時間の移ろいと共に紡がれていくのを大変楽しみにしています。

フォトギャラリー

1F / 玄関&シューズクローク

明るく開放的、大容量のシューズクロークにアウター収納のためのクローゼットも設けた機能的でもある玄関ホール。正面のリビングへ繋がる動線と玄関から直接親世帯の居室へ繋がる動線があり早速二つの世帯の距離感への配慮が感じられます。

1F / 親世帯居室&ウォークインクローゼット

造作カウンターと天井の間接照明が落ち着いた空間を演出した居室。玄関から直接部屋に入ることができ、ウォークインクローゼットを抜けるとリビングを通ることなくそのまま水廻りを行き来することができ、プライベートな時間を気兼ねなく過ごすことができます。

1F / 洗面&ランドリースペース

二世帯住宅として家族全員が使いやすい配置に。キッチン、家事室からも直接行き来できるため、洗濯の合間に洗い物をしたりなど短い動線内で家事を行うことができます。

1F / リビング&和室

家族みんなの団欒スペースとして家の中心に配置。隣接した和室・ライブラリーが一段上がっている分囲まれ感があり落ち着く空間に。リビング横の和室は季節の飾り物や思い出の品を飾れるよう床の間が設けられており、ご家族にとってとても大切な場所に。

1F / ダイニング&中庭

ダイニング横に窓とウッドデッキを配置することで、外とのつながりが生まれより広く開放的な空間に。ウッドデッキを建物で囲んで中庭のようにすることで両隣からの視線を遮る役目も。

1F / キッチン・家事室・ドッグスペース

脱衣室とキッチンの間に家事室を設けて二つの空間を直結させることで、家事動線が良くなる配置に。その奥にはドックスペースが設けられており扉を開ければ中庭&外干しスペースにつながります。

1F / ライブラリー&バルコニー

窓際の造作ベンチで読書をしたり、一段上がっていることでステージのような特別感のある空間でピアノを弾いたり、朝少し早起きをしてバルコニーでコーヒーを飲んだりと、趣味の時間を思いっきり楽しめる空間に。

2F / バルコニー

天井部分が空いているので夜空を眺めながら晩酌をしたり天体観測も楽しめるバルコニー。休日に疲れを癒せる特別な空間です。

2F / オーナーズルーム

趣味の音楽や読書、映画を楽しめるよう完全防音、暗闇のお部屋。集中して仕事をしたいときにも。天井高を確保するため階段の途中で部屋に入る中2階の位置に配置し、屋根の高さは揃えています。

2F / 子供部屋&フリースペース

建築家が提案する「ゴールデン4畳半」。造作のカウンターデスクとオープンクローゼットがあることで、後で揃えるのはベットのみ。必要十分な広さと機能的なつくりに仕上がっています。

2F / 主寝室&ウォークインクローゼット

広めの主寝室はウォークインクローゼットを入り口側に配置することで、少しでもリビングから距離を取ることができよう配慮しました。