1. TOP
  2. case study
  3. アンサンブルを奏でる家

アンサンブルを奏でる家

2000~2500万円

外からの視線を配慮しながら、広めの開口部を確保した、
「風通しがよく、陽の光が入る家」。

外からの視線を配慮しながら、広めの開口部を確保した「風通しがよく、陽の光が入る家」。

道路からの視線への配慮と、住空間の居心地の良さの両立を図るためにボックスを重ねたファサードとして構成。それぞれに拡がりのある空間を実現する住まいとなりました。収納は使い勝手の良い分散型の「適所収納」。生活のしやすさにも配慮しています。

建築家コメント

建築家コメント

「風通しが良く、陽の光が入る家」というメインテーマと、外観はスタイリッシュでエントランスなど生活感を出したくない、という要望を叶えつつ、センスあるクライアントにふさわしい品のある外観となるようにデザイン。プライバシーへの配慮と住空間の居心地の良さの両立させるために、ボックスを連ねたファサードとして構成して、大きな開口部がありながら垣間見える奥行感で拡がりをもたらす。

アンサンブルを奏でるように、機能的で多様性のある暮らし方を演出する住まいです。

1F / 玄関・シューズクローク

道路から扉が見えないように配慮した玄関は、中に入ると正面に靴のまま入れる框形状のシューズクロークがあるので、ストレスなく、またコートもかけることができるため便利に利用できます。

1F / リビング & 小上がり畳スペース

家族がくつろぐ約24畳のリビングには、開放的な吹抜けも。また高い位置に大きな窓を設けているので明るく広がりのある空間に。

1F / ダイニング & キッチン

広く開放的に感じられるように、アイランドキッチンの横並びにダイニングテーブルを配置。料理をそのまま並べたりシンクがそばにあるので、食後の片付けもラクラクです。

1F / 洗面 & ランドリースペース

脱衣所にはお風呂上がりに必ず使うタオルや下着、パジャマなど、家族全員分収納できるよう大きめの収納棚を設け、洗濯は隣のランドリースペースで洗う、干す、畳む、収納までを可能にしました。

2F / 2階ホール

階段脇のホールに造作カウンターを設置。あえて個室の書斎ではなく、オープンな空間にあるこのスペースは、個々に趣味で使用したり家族とも共有できる場所になっています。

2F / 子供部屋

個々に独立させた2つの子供部屋には、壁一面を使ってワイドなカウンターを設置。子供たちが十分に広い机で、勉強や遊びなど自由に使うことができます。

2F / 主寝室 & バルコニー

南西側に位置する主寝室は、遮光がしっかりできて安らげる空間になっており、南側のバルコニーでは布団を干すこともできます。また、寝室と併設したウォークインクローゼットは、しっかりスペースを確保し、大容量の服を収納することも。