1. TOP
  2. 施工例
  3. 変形地の家

変形地の家

形がいびつな土地。「建築がむずかしそう」「想像ができない」と敬遠されがちな変形地は、低価格で購入できるケースも多いものです。きちんと無駄なく建物が計画できれば、家づくりのコストを下げるポイントにもつながります。変形地だからこそ生まれる小さな余白は、駐車スペース・お庭・屋外収納と用途を分けて使用することで、外構も無駄なく計画。建物の周囲に小さな空間があることで、人目につきやすい角地でも視線を分散させる工夫となります。