1. TOP
  2. 施工例
  3. 南をかんがえる家

南をかんがえる家

一般的に、南入りの土地は人気があります。十分な陽あたりが確保できる、というメリットがあるからです。しかしながら、くつろぎのLDKは必然的に南側の人通りと、真夏の直射日光にさらされることとなります。せっかくの大きな窓もカーテンを閉めきったまま、夏は日よけをつける生活に。だから、南入りの家づくりこそ、しっかりとした視線と光の計画が気持ちの良い暮らしをもたらすと考えています。