1. TOP
  2. 施工例
  3. 住宅密集地でも明るく開放的な住まい

住宅密集地でも明るく開放的な住まい

2000~2500万円

収納スペースが普通のお家の約2倍!機能性と開放感どちらもいいとこどりの家

三方を住宅に囲まれ、かつ隣家との距離が近く、特殊な形の土地ながらも中庭&吹抜けを設けることでプライバシーを守りながら開放感を感じられる家。

また、暮らしの上で大切な動線も家事や生活がしやすい間取りとなっており、収納スペースは通常の住宅の2倍の広さを設けながらも、各居室や家族が集まるLDKは明るく広くを建築家が実現。空間の使い方は必見です。

建築家コメント

周辺環境が、北側道路で、その他の⽅位は住宅に囲まれていて、近隣住宅の距離が近い、どちらかと⾔えば環境が良くない⽴地でした。お施主様のご要望として、明るく開放的な住まいを理想としていましたので、近隣からの視線を出来るだけカットできるように中庭を作りながら、南側に建つ住宅からの影の影響を受けにくい位置にLDKを配置することで明るい住宅を⽬指しました。

近隣からの視線をカットすることで中庭に⾯する部屋には⼤きな開⼝を設けることができ、明るさを確保するようにしています。また、吹き抜けを設けることで⼆階からの採光によりLDKが明るくなるように計画しました。⼆階のホールとも繋がる吹抜け空間からの明るさが、朝寝室から出たときに、爽やかに感じる事が出来るようにしています。また、中庭をLDKと洋室、⽔回りで囲むことで、中からは外の空間も含めて広がりを感じるようにしています。

中庭を作ることで⽣活動線が⻑くなることが多いですが、階段の位置を⼯夫して2階のプライバシー空間から1階⽔回りの距離を近くし、朝の準備もスムーズに⾏えるようにしています。1階にはファミリークローゼットや洋室の予備室を配置することで、将来的には1階のみで⽣活できるような間取りにし、⽣活が楽になるような工夫を。

依頼時当初は3つの素材を利⽤したいとの要望がありましたが、北側道路からのファサードしかないことで、雑然とならないように、素材を2つに限定しよりシンプルに、⽴体感が出るように上下で凹凸をつけて、インパクトのある外観を⽬指しました。外観はモダンで閉鎖的な雰囲気も室内に⼊ると明るく開放的な空間への変化が、プライバシーの守られた⼼地よい住まいとなるように計画しました。

フォトギャラリー

1F / 玄関・シューズクローク

両サイドに家族全員の靴がたっぷり収納できるよう設けられたシューズクローク。奥にはハンガーパイプを設置し上着などをかけておくことができます。

1F / リビング・中庭

LDK横にコの字型に設けられた中庭は、プライバシーを守りながら明るさと開放感を演出するのに重要な働きをします。テレビボード下も扉収納にすることで、ブルーレイやゲーム類などを片付けてリビングはいつでもすっきり。

1F / 洋室

リビングの横に設けられた扉で仕切れる洋室は、将来的にご夫妻が1階だけで生活できるよう将来は主寝室として使用予定。造作カウンターに可動棚の見せる収納付きで、今は書斎としてや子供の遊ぶスペースとしてなどフレキシブルに使えます。

1F / ダイニングキッチン&パントリー

冷蔵庫を置くこともできるウォークインのパントリーは、キッチンの奥に配置することでリビングからは見えず、LDKをいつでもすっきり保つことができます。

1F / 洗面・収納

水廻りはキッチンから最短距離で配置することで、食事の支度をしながら洗濯をするなど家事ラクに貢献。洗面の横にはタオルや洗剤のストックだけでなく、日常的に使用する子供のおもちゃやおむつなど何でも収納できる優れもの。

1F / ランドリー&ファミリークローゼット

洗面のすぐ横には扉で仕切れるランドリー、そして真後ろにはファミリークローゼットと、洗濯をしてから収納までの家事動線はもちろん、朝の身支度も一カ所で行えるなど生活動線にも配慮されています。

2F / 吹抜け・階段上収納

2階の各居室の中心に吹抜けがあるので、東側の窓からは朝日が差込みいい気分で一日を始められます。階段上も収納スペースとして有効活用しました。

2F / 主寝室・収納

6畳の主寝室にプラス2畳のたっぷり収納。棚ありとハンガーパイプありの使い勝手が良い2種類を配置した贅沢収納。

2F / 子供部屋

造作カウンターとオープンクロークが付いた機能的な子供部屋をシンメトリーに2つ配置。あとはベッドを置くだけOK。